拒食症 芸能人

拒食症(神経性無食欲症)は、2006年11月に21歳のブラジル人モデルが拒食症により死亡したことが大きなニュースになりましたが、拒食症は摂食障害の一種で、精神疾患です。日本ではダイエットに関心がある若い女性の間で拒食症が増加しており、低年齢化しているといわれます。拒食症は治療が難しく、長い時間が必要です。



2006年11月にブラジル人の21歳のモデルが拒食症(神経性無食欲症)で死亡し、大きなニュースになりました。日本でも有名アイドルの拒食症が注目されたことがありましたね。拒食症は精神疾患で、摂食障害の一種です。拒食症は、常に自分は太っていると考えるので、体重を落とさないではいられなくなります。拒食症は治療が難しく、長い時間がかかります。



拒食症(神経性無食欲症)というと、2006年11月に21歳のブラジル人モデルが拒食症が原因で死亡したことがニュースで大きく取り上げられましたので、覚えている人も多いと思います。日本でも行き過ぎたダイエットから拒食症が増加しており、小学生の発症も増えています。拒食症による合併症や自殺で死亡する例もあります。



拒食症は摂食障害の一種で、日本では増加傾向にあります。若い女性に多く見られ、最近は低年齢化し、小学生での拒食症が増えています。2006年11月にブラジル人モデルが拒食症で死亡したニュースが世界を驚かせました。拒食症になると、体重を減らすことが止められなくなってしまい、これでいいと思わなくなってしまうのです。



拒食症が全国的に注目を集めたのは、何と言っても有名女性芸能人宮沢 りえやともさか りえからではないでしょうか。そして、2006年11月に拒食症でブラジル人モデルが死亡したことが大きく取り上げられ、拒食症の怖さが改めて印象づけられました。拒食症は、過食症とともに摂食障害といわれており、治すのが難しい病気です。

拒食症 症状

拒食症の症状は、極端な体重の減少、女性であれば無月経、必要以上の運動を行う、睡眠障害などがあります。また、現在の病状やその深刻さの認識が乏しいことです。拒食症は致死率が高い疾患で、拒食症の主な死因は、極めて低い栄養状態や不整脈の併発です。抑うつ症状を伴った場合、自殺を図ることもあります。



拒食症の症状は、体重の極度な減少、女性の場合は無月経、痩せるために必要以上に運動する、睡眠障害などがあります。さらに、自分の現在の病状が深刻な状態である、という認識が低いことです。拒食症は非常に致死率が高い疾患で、拒食症の主な死因は、極端に低い栄養状態や不整脈の併発となっています。拒食症で抑うつ症状を伴った場合、自殺を企てることもあります。



拒食症の症状としては、体重の極端な減少、女性の場合、無月経、痩せようとして必要以上に運動や活動をする、睡眠障害、低血圧などがあります。また、自分の病状がいかに深刻であるか、についてよくわかっていないことです。拒食症は精神疾患の中でも致死率が高い病気です。拒食症で多い死因は、極端な低栄養状態や不整脈の併発です。拒食症で抑うつ症状がある場合は自殺を図る場合があります。



拒食症の症状を見てみましょう。極度の体重減少、女性は無月経、必要以上に運動して痩せようとする、興奮し易くなる、低血圧などがあります。そして、自分の病気の状態や深刻さをよく理解していないことです。拒食症は精神疾患の中でも致死率が高い病気で、多い死因は、極めて低い栄養状態や不整脈の併発となっています。拒食症に抑うつ症状が加わると、自殺をはかることがあります。



拒食症の症状としてはどういうものがあるのでしょうか。過度の体重減少、女性の場合は無月経、必要以上に運動や活動をする、興奮性が高まる、睡眠障害などがあります。そのうえ、自分の拒食症が深刻であることを、よく認識していないことです。拒食症は致死率が高く、死因の多くは、極度に低い栄養状態や不整脈併発となっています。拒食症に抑うつ症状が加わった場合、自殺を試みることがあります。



拒食症の病態生理と診断・治療






過食症と拒食症




拒食症の原因

拒食症の原因については、いろいろ議論や説がありますが、そのうちいくつかを紹介しましょう。遺伝的な要因、発病のきっかけとなる何らかのエピソードによるストレスなどの心理的な要因や体重減少の達成感から気分高揚し、体重を落とすことが止められなくなる依存症、痩せた女性が賞賛される社会的風潮などが拒食症の原因とされています。



拒食症の原因については、いろいろな説があります。遺伝的な原因によるもの、拒食症発病のきっかけとなる何かのエピソードによる心理的な原因、体重を減少した達成感から体重を減少することが止められなくなる一種の依存症、、痩せた女性がもてはやされる社会的風潮などが拒食症の原因と言われています。



拒食症の原因については、いろいろな説があり、その中からいくつか紹介しますと、家族の遺伝的な原因からくるもの、拒食症が発病するきっかけとなるエピソードがあり、そのストレスからくる心理的な原因、体重を減少した達成感と高揚感から体重を減少することが止められなくなる依存症、痩せた女性が回りから褒めそやされる社会的な風潮などが拒食症の原因にあげられています。



拒食症の原因については、いろいろな説や議論があり、研究が進められています。いくつか紹介しますと、家系の遺伝的を原因とするもの、拒食症を発症するきっかけとなるエピソードがあり、そのストレスが原因となるもの、体重を減少した達成感と高揚感が病みつきとなり、体重を落とすことが止められなくなってしまう依存症、一般社会の痩せた女性を褒め讃える風潮などが拒食症の原因とされています。



拒食症の原因はどこからくるのでしょうか。いろいろな説や議論があり、まだ研究段階ですが、原因とされるものをいくつか紹介しましょう。家系的な遺伝が原因によるもの、拒食症になるきっかけのエピソードがあり、そのストレスが拒食症の原因となるもの、体重を減少した達成感と高揚感から、さらに体重減少にふけるようになり、そのことに依存状態となってしまうもの、一般社会の痩せた女性を高く評価する風潮などが拒食症の原因といわれています。




摂食障害の精神分析的アプローチ






拒食な私




拒食症 治療

拒食症の治療は、早期治療が大切です。治療法は心理療法、投薬による治療法、家族へのカウンセリングなどが中心になります。医師や家族が「まず食べろ」といった強硬な姿勢で臨むと逆効果となります。治療に当たって最も大切なことは、患者の実生活への適応を助ける、患者と医師、家族の適切な関係を築くことです。



拒食症の治療では早期に治療を行うことが大切です。拒食症の治療法は心理療法、投薬療法、家族に対するカウンセリングなどが中心です。医師や家族が無理矢理食べさせようとすると逆効果となります。治療で最も大事なことは、患者の社会生活への適応を手助ける、患者、医師、家族のふさわしい関係を築くことです。



拒食症治療の成功率を高めるためには、早期治療が大切です。拒食症の治療法は心理療法、薬による治療法、家族に対するカウンセリングなどです。治療者や家族が食べさせようと無理強いするとかえって悪化します。治療のうえで最も大事なことは、患者の対人関係や社会生活への適応を援助する、患者と医師、家族の好ましい関係を築くことです。



拒食症の治療は、成功率を高めるためには早期の治療が大切です。治療は、心理療法、薬物による治療法、家族へのカウンセリングなどが主な治療法です。医師や家族が無理に食べさせようと強硬な手段を用いると逆効果となります。治療での一番重要なことは、患者の人関的な成長や実生活への適応を応援する、患者と医師、患者と家族の信頼関係を築くことです。



拒食症の治療は、早めの治療で治る確率が高くなります。治療法は心理療法、薬による治療、家族へのカウンセリングなどがあります。治療する人や家族が患者に食べさせようと強制的な方法をとるとかえって悪化してしまいます。治療にあたって最も重要なことは、患者の人関的な成長や社会への適応を支援する、患者と治療者、患者と家族の良好な関係を築くことです。



拒食症の息子とともに






拒食症なんかに負けないで



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。