拒食症 治療

拒食症の治療は、早期治療が大切です。治療法は心理療法、投薬による治療法、家族へのカウンセリングなどが中心になります。医師や家族が「まず食べろ」といった強硬な姿勢で臨むと逆効果となります。治療に当たって最も大切なことは、患者の実生活への適応を助ける、患者と医師、家族の適切な関係を築くことです。



拒食症の治療では早期に治療を行うことが大切です。拒食症の治療法は心理療法、投薬療法、家族に対するカウンセリングなどが中心です。医師や家族が無理矢理食べさせようとすると逆効果となります。治療で最も大事なことは、患者の社会生活への適応を手助ける、患者、医師、家族のふさわしい関係を築くことです。



拒食症治療の成功率を高めるためには、早期治療が大切です。拒食症の治療法は心理療法、薬による治療法、家族に対するカウンセリングなどです。治療者や家族が食べさせようと無理強いするとかえって悪化します。治療のうえで最も大事なことは、患者の対人関係や社会生活への適応を援助する、患者と医師、家族の好ましい関係を築くことです。



拒食症の治療は、成功率を高めるためには早期の治療が大切です。治療は、心理療法、薬物による治療法、家族へのカウンセリングなどが主な治療法です。医師や家族が無理に食べさせようと強硬な手段を用いると逆効果となります。治療での一番重要なことは、患者の人関的な成長や実生活への適応を応援する、患者と医師、患者と家族の信頼関係を築くことです。



拒食症の治療は、早めの治療で治る確率が高くなります。治療法は心理療法、薬による治療、家族へのカウンセリングなどがあります。治療する人や家族が患者に食べさせようと強制的な方法をとるとかえって悪化してしまいます。治療にあたって最も重要なことは、患者の人関的な成長や社会への適応を支援する、患者と治療者、患者と家族の良好な関係を築くことです。



拒食症の息子とともに






拒食症なんかに負けないで



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44494338

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。