拒食症 症状

拒食症の症状は、極端な体重の減少、女性であれば無月経、必要以上の運動を行う、睡眠障害などがあります。また、現在の病状やその深刻さの認識が乏しいことです。拒食症は致死率が高い疾患で、拒食症の主な死因は、極めて低い栄養状態や不整脈の併発です。抑うつ症状を伴った場合、自殺を図ることもあります。



拒食症の症状は、体重の極度な減少、女性の場合は無月経、痩せるために必要以上に運動する、睡眠障害などがあります。さらに、自分の現在の病状が深刻な状態である、という認識が低いことです。拒食症は非常に致死率が高い疾患で、拒食症の主な死因は、極端に低い栄養状態や不整脈の併発となっています。拒食症で抑うつ症状を伴った場合、自殺を企てることもあります。



拒食症の症状としては、体重の極端な減少、女性の場合、無月経、痩せようとして必要以上に運動や活動をする、睡眠障害、低血圧などがあります。また、自分の病状がいかに深刻であるか、についてよくわかっていないことです。拒食症は精神疾患の中でも致死率が高い病気です。拒食症で多い死因は、極端な低栄養状態や不整脈の併発です。拒食症で抑うつ症状がある場合は自殺を図る場合があります。



拒食症の症状を見てみましょう。極度の体重減少、女性は無月経、必要以上に運動して痩せようとする、興奮し易くなる、低血圧などがあります。そして、自分の病気の状態や深刻さをよく理解していないことです。拒食症は精神疾患の中でも致死率が高い病気で、多い死因は、極めて低い栄養状態や不整脈の併発となっています。拒食症に抑うつ症状が加わると、自殺をはかることがあります。



拒食症の症状としてはどういうものがあるのでしょうか。過度の体重減少、女性の場合は無月経、必要以上に運動や活動をする、興奮性が高まる、睡眠障害などがあります。そのうえ、自分の拒食症が深刻であることを、よく認識していないことです。拒食症は致死率が高く、死因の多くは、極度に低い栄養状態や不整脈併発となっています。拒食症に抑うつ症状が加わった場合、自殺を試みることがあります。



拒食症の病態生理と診断・治療






過食症と拒食症




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44710542

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。